バルクオムの成分と副作用

 
敏感肌・デリケートな肌質の人にとってバルクオムはノーリスクで使用できるのか?ニキビに悩む男性などにとって、スキンケアアイテムを選ぶための大きな基準になってくると思います。
こちらの記事ではバルクオムの成分に着目し、肌に対するリスクをリサーチ。副作用などはないのか検証していきます。
  
 
バルクオムのスキンケアシリーズは3種類のアイテムがラインナップ。それぞれ以下のようになっています。
【画像挿入】
商品名
THE FACE WASH
内容量
100g
全成分
カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ナタネ油、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、エタノール、フェノキシエタノール、香料
単品参考価格
 
 
【画像挿入】
商品名
THE TONER
内容量
200g
全成分
全成分:水、BG、グリセリン、トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、レシチン、PE、G-60水添ヒマシ油、エタノール、フェノキシエタノール、香料
単品参考価格
 
 
【画像挿入】
商品名
THE LOTION
内容量
100g
全成分
全成分:水、グリセリン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、BG、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、クレイミネラルズ、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、パルミチン酸セチル、ステアロイルグルタミン酸Na、キサンタンガム、レシチン、エタノール、水酸化K、カルボマー、フェノキシエタノール、香料
単品参考価格
 
 
 

バルクオム配合の副作用の可能性がある成分は?特徴と効果一覧

 
 

アレルギー、肌に合わない可能性がある成分はこれ

 
 
調査の結論として、肌に合わない可能性がある成分は以下のものが対象となりそうです。
 
 
 
 
 
 
それぞれの成分の特徴は、以下のタブをクリックで全てチェックできます。
〜クリックで全成分チェックタグ〜
カリ含有石ケン素地
グリセリン
ソルビトール
BG
クレイミネラルズ
ベントナイト
リンゴ果実培養細胞エキス
温泉水
ユズ果実エキス
チャ葉エキス
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
加水分解シルク
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
グリセリルグルコシド
ナタネ油
トコフェロール
キサンタンガム
レシチン
エタノール
フェノキシエタノール
香料
トレハロース
1,2-ヘキサンジオール
PE、G-60水添ヒマシ油
スクワラン
エチルヘキサン酸セチル
イソステアリン酸ポリグリセリル-10
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
ベヘニルアルコール
イソステアリン酸ポリグリセリル-2
パルミチン酸セチル
ステアロイルグルタミン酸Na
水酸化K
カルボマー
 
 

バルクオムは肌刺激を抑えた優しいスキンケア

 
どんな商品にも言えることですが、ことスキンケアは特に100%どんな方にも完璧にフィットするものは存在しないというのが現実。ただし、徹底的に肌に優しい成分をチョイスすることによってそのリスクを大幅に提言したものがバルクオムです。
今まで自分の肌にガシッとハマる洗顔や化粧水に出会えなかった方は、最安値を利用してぜひ一度手に取ってみることを強くオススメします。無題